トップページ > 人材戦略育成コラム
みなさん、こんにちは。 敬章・代表の水野です。
このコラムでは、日々慌しいビジネスパースンにとって、 『賢くビジネスセンスを磨き、勝負に勝つにはどうしたらよいか?』を毎回1つのヒントを導き出すお話をご紹介していきます。

あなたにあった学びや習慣だけ選んで、 ぜひ、ひとつ読んだ後からすぐに、行動して頂ければ あなたの創造力が最大化され、ものごとが思い通りにあなたらしく、 心穏やかに、心地よく、 やさしく行動できることが、期待できるようになれます。拝
2009年2月21日(土) 新たなる飛躍を科学する ・・・ 闘いの流儀
人生においてのいくつかの闘いの部分は、あなたがあるきっかけで愛し始めたものとか、人とか,事柄とか、そういうものが輝きを失った時にも、愛し続けていけるかどうかというようなことにその闘いの勝負はずいぶんかかっている。
2009年1月31日(土)   新たなる飛躍を科学する ・・・ 尊敬
相手の話を検討するには、まず自分の意見、判断を持っていなければならない。
さらに、自分の考えのみが正しいとは限らないという謙虚さと、他人には他人の考えがある、と
いう相手の人格への尊敬も必要であると思う。
2009年1月3日(土)   新たなる飛躍を科学する ・・・ 人間性を深めるために
いいか悪いか、襲ってくる孤独感を受け入れる。そして、じっと自己観察してみる。
味わうだけ味わって、そういう考えも、見方もあるんだということを受け止めると、人間身が深くなる。感謝することこそ、人生、ビジネスの羅針盤であるとわたくしは考える。
2009年1月2日(金)   新たなる飛躍を科学する ・・・ 目に見えないもの
「こういう自分ならば、自分として認める」 自分を自分として認める。
こうなりたいなぁ〜ということを常に強くイメージして意識し、願うことで、どんどん頭脳が
勝手に何かを惹き付ける。自分を自分として認める勇氣を持ってこの大地に立ち生きたい。
2009年1月1日(木)   新たなる飛躍を科学する ・・・ 夢を持つ
子供の自立を願いながら、いつまでも自分なしに生活できない存在であってほしい
と願う心の葛藤を乗り越えて、潔く子離れしようとする親の愛情を受けてのみ、まともに
育つ。実に育成とは、親の育自・自律であると思う。常に手に抱きれない程の愛と笑顔!

■◆★2008年★◆■

2008年11月8日(土)   多逢聖因 縁尋機妙 (たほうしょういん えんじんきみょう」
という言葉を知りました。とても納得感と、わたくしの心に響いたのでご紹介させて頂きたい。
『いい人に交わっていると、しらずしらずにいい結果に恵まれる』ということだそうだ。
いい人はいい物に通じます。「いい物に交わっていると、しらずしらずに、いい結果に恵まれる」
ともいえる。そして聖因(しょういん)は勝因(しょういん)にもつながる尊い縁です。。。
2008年11月1日(土)   目に見えないけれど大事なもの
人生で出会うひとつ一つのことを、丁寧に、自分らしく受け止め、自分のものとしてゆく
愛すべき人としての生き方のことだと思う。 たったひとりの守りたいひとのために。。。
通じるだろうか、通じているのだろうか。。。p.s. I Love you xxx
2008年10月26日(日)   自分の価値を知る
たったひとりでもいい、愛されて、大切にされて、はじめて人は自分の価値を知り、自信を
持っていきてゆくことができる。 そして、愛される前に愛されていなければならない。
目には見えないけれど、愛されることを常に意識し、だれにでも考働(=行動)することで
あなたのまわりの状況が少しづつ、変わっていくことに氣がついて欲しい。常に意識して
『愛されること』をすると、誰かがどこかで見守っていて、あなたを助けてくれます。
2008年10月19日(日)   意識する
無意識に一日をずっと過ごしていないか。人としてあり方「そうありたい!」と人格を
日々磨きながら生きるということは、よく考えながら、選びながら、判断しながら、
より良いものを求めながら氣づいて生きて行くことです。拝
2008年10月3日(金)   信じること -  2
人間は誰かに期待され、期待に応えて生きる事で、生きている実感を最も得ることができる。
覚悟し忍耐を重ね、信じあう心をお互いに創ってゆく事、そして、相手と真剣に向き合い
素直なこころで、時間をかけて信頼関係を育てていくことが、人間(性)力を高める。拝
2008年9月23日(火)   自由とは
「自由とは」こどもが、好奇心をもってしたがることと、そうでないこととの間で
選ばせる。一方的に欲求を受け入れることは、選択の機会をつくらないことである。
人間は、瞬間瞬間に選択をしている。正しい選択、そして判断ができるよう導くのが・・・
2008年9月2日(火)   誠実に向き合う
自分と”誠実”に向き合い、愛をもって、あなたと出会えたひとのみが、他人ともまた、
誠実に向き合い、愛に出会うことができ、その出会いから多くを
学ぶことができるのです。もし愛があれば、どんな小さなこともすばらしいことになる。
あなたもできる!
2008年8月8日(金)   人間としてどのように生きるか
目に見えないものが、どこかで誰かのお役に立っているという、その世界を持っている
時に人は豊かになります。ものの世界だけで生きている時は、人間の生活は物質的
に豊かかもしれませんけど、それでおしまいとなります。笑顔と感謝。
そこからすべてがスタートする
 
 
2008年6月29日(日)   グローバル人財のメンタリング能力
自ら考え働きかけ、あなたの考えで決めたからには、そのことに対しての責任を
とらなければいけない。向き合う相手の「思い」をすべて観て、感じて、確認してみること。
メンターになったからには、無償の愛を相手に手渡す覚悟が必要であり、
永遠付き合える相手として向き合う。
2008年6月22日(日)   相手を理解するリーダーの能力
信頼を獲得する第一歩は、やはり”相手に向き合い、よく聴く”ということだと思います。
私たちには耳が2つ、目が2つあるのに、口は一つしかないということは、自分が話すよりも
二倍聴いて、相手の様子をよく考えて観るということの象徴的なことであるかも知れない。
2008年6月13日(金)   見えないものの力を意識する人間の力
他人を大事にできる人は、自分を素直に受け入れて頂ける様に、自分がここに生きている
ことを感謝している人である。 あなたが今こうして生きているのは、だれかがどこかで、あなたのために祈っていて下さり、そして、何処かで見守っていてくれるかもしれません。
2008年6月2日(月) 
キラキラ輝くものは、誰の目にも目につき、誰でも愛せるのです。
しかしながら、その光が失われた時、なおも愛し続けていけるかということが、
わたくしたちの一生の中の、苦しみの大部分だと言っていいかもしれない。
2008年5月19日(土) 
小さなことでいいから、一つずつ自分に課してゆくものを発見して、つくり、
守っていきましょう。
そのなんでもないことが、「あなたらしさ」というものをつくってゆく近道
ではないだろうか。
2008年5月16日(金) 
わたくしは、アナタしか生きられない一生を、あなたらしく生きることが
一番大事なことなのです。
もちろん、あなたらしく生きるために他人という鏡が必要ですし、他人から
色々と啓発されたり、時には心にもないことで軽蔑されたりすることが
ありますけれども、『わたくしは私なんだ』という
その自覚と勇氣持って、今を一所懸命働き、感謝し生きることが大事です。 
 
  第7回 2007年3月22日(木) 
自分らしく生きる〜唯一無二の存在
 
 
 

 
 
プライバシーポリシーComany ProfileContact Us
Copyright©Keisho.Global Resources Management inc. All Right Reserved.